技術経営人財育成セミナー(第26回)変革期のリーダーが学ぶことは何か

『ソフトウェア「要求定義」の新手法』

-インタビューによる潜在情報を形式知化技術を学ぶ-

山中 隆敏(やまなか たかとし)

日時 2019年4月8日(月) 18:30~20:00 (講演60分 討議30分他)
場所 一般財団法人アーネスト育成財団事務所内 アクセスへ
参加費 3,000円(終了後の懇親会費用を含む)
定員 最大18名(定員になり次第締め切ります)
申込方法 FAX 03-6276-2424 または Eメールoffice@eufd.orgにて
主催 一般財団法人アーネスト育成財団

講演PDF(案内)(942KB)

ソフトウェアの開発の際に、顧客の要求をまとめたものが要求仕様書である。
要求仕様書は、顧客の要求を引き出し、要求を分析し、文書化したものである。顧客の要求を、漏れや誤りがなく抽出することが必要である。
研究に取り組んできたインタビューによる要求仕様書作成法は、既に実務で広く使われていて、様々な提案がされている。しかし、要求を抽出するための順序、順番、時系列などのプロセスが定義されてないなどの問題があった。
本セミナーでは、顧客の要求を漏れや誤りがなく、かつ、効率よく抽出できる、インタビューによる要求抽出作業を誘導する新たな方法を紹介する。具体的には、顧客から要求を抽出する順序、順番、時系列などシナリオに沿ってインタビューする手法で、本手法を使うことで、熟練SEと同じような要求定義を明確にし、仕様書を作成することができるようになる。

【講師略歴】

山中 隆敏(やまなか たかとし) 氏

<略歴>

2008年 芝浦工業大学専門職大学院工学マネジメント研究科修了

2011年 芝浦工業大学で博士号取得 工学博士

<略歴>

1987年 富士通(株)入社

2010年 (株)富士通研究所

2017年 (株)メディカルパーフェクト代表取締役社長(現在)

2017年 一般社団法人ペンタグラム・ジャパン・コンサルティンググループ代表理事(現在)

<学会>

日本開発工学会会員、サービス学会会員

ページの先頭へ戻る

技術経営人財育成セミナー