一般財団法人アーネスト育成財団

技術経営人財育成セミナー(第27回)変革期のリーダーが学ぶことは何か

『アメリカ経済にとって移民とは何か?』

-経済史、労働経済学の研究成果を学ぶ-

下斗米 秀之(しもとまい ひでゆき)

日時 2020年1月8日(水) 18:30~20:10 (講演60分 討議30分他)
場所 一般財団法人アーネスト育成財団事務所内 アクセスへ
参加費 3,000円(終了後の懇親会費用を含む)
定員 最大18名(定員になり次第締め切ります)
申込方法 FAX 03-6276-2424 または Eメールoffice@eufd.orgにて
主催 一般財団法人アーネスト育成財団

講演PDF(案内)(984KB)

アメリカ資本主義の成立と発展の究明を研究課題とするアメリカ経済史研究にとって、移民は重要なテーマである。国内の農業地域から労働力が供給されたヨーロッパとは異なり、労働市場に参入してきた移民を賃金労働者として活用したことにアメリカの特徴があるからだ。移民の自由な流入は、「移民の国」アメリカを特徴づける経済成長の源泉である。
今日、アメリカのIT情報産業における技能労働者の多くが、インドを中心としたアジア出身であることは周知の事実であるが、これも移民政策の結果である。なぜなら戦後アメリカは、能力基準によって移民を選別する、高度技能移民労働者の優先的な受け入れを推し進めたからだ。
その一方で、近年のトランプ大統領の主張のように、アメリカではしばしば移民制限・排斥の機運が高まり、移民問題が主要な政治課題へと浮上する。本報告では、経済史および労働経済学の研究成果を紹介しながら移民政策の歴史を概観し、アメリカ経済にとって移民とは何かについて考えてみたい。

【講師略歴】

下斗米 秀之(しもとまい ひでゆき) 氏

<略歴>

2003年 獨協高校卒業

2007年 明治大学 政治経済学部卒業

2009年 明治大学大学院 政治経済学研究科経済学専攻・博士前期課程 修了

2014年 明治大学 政治経済学部 助手

2015年 敬愛大学 経済学部 専任講師

2017年 明治大学大学院 政治経済学研究科経済学専攻・博士後期課程 修了 博士(経済学)

2018年 敬愛大学 経済学部 准教授

2019年 明治大学 政治経済学部 専任講師

技術経営人財育成セミナー

ページのトップへ戻る